和食を知ってさらに料理が上手くなる!今日から実践出来るエッセンス

浸しもののレシピに関しては好き好きでしょうが、一般的な作り方も知ってみてください。

みりん、しょう油、さらにだしを合わせた材料と和えて食すスタイルが古典的なレシピと言われますが、一方でただしょうゆをまぶすのみの浸し物を作るのもポピュラーなようです。

小松菜をはじめおひたしを作る際に緑黄色野菜と和える調味液は「浸し地」と言います。

これは其々の家庭で使う素材や割合が違うものですので、好みな味付けを探し出していくと良いでしょう。

素材についてはゆでたら丹念に水分を取り除くよう配慮します。

浅漬けは塩分の濃度差の働きで素材から水が出ますので、多くの容量でも一気に食べることが可能となります。

要は、その分緑黄色野菜が持っている繊維とビタミンを摂る事もできる訳なのです。

塩分の取り過ぎには注意しつつ、日々食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク